通信講座はここをチェックして選びます。

講義DVDは、撮影に凝っている、観ていて楽しい教材を選びます。

ここまで通信講座を利用するメリットを、いろいろ解説してきました。通信講座の教材は、情報量が絞り込まれていて効率よく勉強できる。視聴覚教材の繰り返し効果も、通信講座だけのもの。など、みなさんも新しい発見をされたのではないでしょうか。

しかし、宅建の通信講座を提供している会社はいまは無数にあります。そしてここまで述べてきたメリットは、すべての通信講座が同様に備えているわけではありせん。通信講座にもやはり、良い講座と、あまりお薦めできない講座があります。
選んで頂きたいのはもちろん前者の方ですが、ここではその際の決め手となるポイントをアドバイスします。

◆講義教材が自宅学習専用に製作されている

多くの宅建通信講座では、通学の講義を撮影しDVDにしたものを教材として提供しています。しかしこのタイプの映像講義は、学習効果をあまり期待できません。
×教室の講師は、受講生の理解速度に合わせて講義をするので、説明が重複してしまう。×板書に多くの時間が取られており、時間のムダを感じてしまう。
×まわりの余計な雑音が気になる
など、繰り返し学習には不向きです。教室では迫力を感じる講義も、そのままの映像では、見ていて辛くなることが多いのです。

講義教材は自宅学習専用に作られていること。ここが第一のポイントになります。

その上で、次に撮影方法をチェックします。
講師の顔が終始正面のみから映し出されているタイプの、よくあるDVDは避けるようにします。パソコンで勉強する受講生のことを考え、見やすさを工夫している通信講座のDVDには、生の講義にも負けないだけの迫力があります。

それはどんなタイプの映像かというと、テレビのニュース番組のように、講師がさまざまアングルから撮影されている、画面の背景でデジタル映像が動く、時々アクセントのBGMが流れるなどです。

このよう映像が変化に富んだDVDは、講師が解説した内容が、映像イメージとして残りやすいことも特長です。

◆テキストに図表がたくさん使われている。できればフルカラーであること。

良いテキストの絶対条件はわかりやすいという事です。
その見分け方はシンプルで、図表がたくさん使われているかどうか見ます。
ほかの会社が文字の説明だけで済ませてしまう内容を、図表に置き換えイメージしやすくしているテキストが、親切でわかりやすいテキストで。図表で覚えた情報は、記憶の箱からも取り出しやすくなります。

また色遣いが豊富かどうかも、重要なポイントです。たとえばテキストがフルカラーになっていれば、重要項目の見分けもつきやすく、色の効果でやる気も起きやすくなります。いまは学校のテキストがフルカラーになっているのも、そうした学習効果をねらっているからです。